冬の脚やせダイエット 食事で冬に痩せる食べ物と食べ方

身体が脂肪を溜めがちな冬でも、美味しく食べて痩せる食べ物と食べ方というのがあります!

寒い季節は下半身の血行が悪くなり脚が太くなりがち。

毎日の食事の仕方を工夫して、冬もほっそり脚でおしゃれファッションを楽しみましょう。

Sponsored Link

 

知っておこう!冬太りの豆知識

暑さで食欲も減り、ちょっと動くだけでも汗もかきやすく脂肪を燃焼しやすい夏の季節に比べて、冬は脂肪を貯蓄して痩せにくい季節だと感じる方も多いはず。

しかし実際には、カロリーを消耗する基礎代謝自体は実は冬の季節の方が高いので、寒い時期の方が多くカロリー燃焼をしてくれるのです。

 

では、どうして冬に太りやすいと感じる人が多いのでしょうか?

 

このように多くの人が感じる理由は、実際に冬太りを体験している人が多いから。

そしてなぜ冬太りが起ってしまうのかは、
食欲の増す秋から寒くて動く気のしない冬にかけて、食べ過ぎることは多いのに運動不足でカロリー消耗が減ってしまっているという理由からなのです。

 

今回は、食べ物の美味しい季節を楽しみながら、脚やせダイエットを心がける方法を紹介します。

 

ここで紹介する食べても太りにくい食べ方を心がけつつ、冬も運動不足にならないように、お家で簡単にできる脚やせエクセサイズを取り入れることで、脚やせ効果も2倍になります!

無料で簡単脚やせ方法

 

冬痩せポイント1:温かいものを食べる!

冬痩せポイント1:温かいものを食べる!

食べ物と飲み物は温かいものをチョイスしましょう。

生野菜サラダよりも温野菜や野菜スープ

お刺身よりもホイル焼き

ざるうどんよりも鍋焼きうどん

アイスコーヒーよりも温かいお茶や紅茶

といった具合で意識して温かい料理や飲み物を口にするようにしましょう。

Sponsored Link

温かい食べ物は代謝を促進してくれます。

これだけでも代謝を悪くするダイエットの大敵「冷え」の対策につながるのです。

 

冬痩せポイント2:体温を上げる食材

冬痩せポイント2:体温を上げる食材

体温が上がるとカロリー消耗も上がるので、身体を温かく保つことでもダイエットにつながります。

野菜・根菜:ごぼう、にんじん、かぼちゃ、さつまいも

スパイス:しょうが、ニンニク、唐辛子、コショウ、山椒、さわび、味噌、醤油、豆板醤

 

野菜類の中でも身体を温める効果が高い食材は根菜類が多いので、根菜類をたくさん含む野菜スープやお味噌汁などは、代謝を上げる効果が高い食べ方です。

スパイスの利いた麻婆豆腐やキムチ鍋など香辛料を適度に摂取して体温を上げ、基礎代謝を良くするのもダイエットにつながる食べ方です。

 

冬痩せポイント3:筋肉量を増やして代謝を上げる食べ物

冬痩せポイント3:筋肉量を増やして代謝を上げる食べ物

筋肉量をあげると、基礎代謝もあがるので、同じ体重でも消費カロリーが変わってきます。

筋肉量を増やすには、タンパク質を多く含まれる食べ物を摂取すること。

タンパク質を多く含む食材:お肉、お魚、大豆食品、卵、乳製品

 

筋肉量を増やしてダイエットを心がけるなら、高タンパクで低カロリーの食べ物がおすすめ。

お豆腐や納豆などの大豆食品やささみ肉を使ったヘルシー料理は特におすすめです。

 

むくみに注意!

寒さ→冷え→血行不良→むくみ→脚が太くなる

の悪循環にならないように、食材と食べ方で身体を温めて代謝を上げ、適量の脚やせ運動を取り入れて、美味しい季節を楽しみながら上手にダイエットをしましょう。

脚のむくみの取り方 即効性ストレッチと簡単マッサージ

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP