バランスボールで脚やせする方法エクササイズやり方まとめ

バランスボールで脚やせする方法

バランスボールを使って脚を細くするには、太ももとふくらはぎ、そしてヒップと下半身の筋肉を鍛える筋トレを行いましょう。

バランスボールエクササイズの中で、脚やせに効果的な使い方とエクササイズをまとめてみました。

Sponsored Link

自分にあったボールの選び方

まずは、適切なボール選びから始めましょう。

これからボール選びをする方は、自分に合ったサイズのボールを選びましょう。

上に座った時に、膝が90度になるものが目安です。

(多少の誤差は空気圧で調節できるので、大体で大丈夫です。)

 

座って確かめられない場合は、以下が目安のサイズになります。

身長150センチ以下・ボールサイズ45cm

身長150~170センチ・ボールサイズ55cm

身長165~185センチ・ボールサイズ65cm

身長185センチ以上・ボールサイズ75cm

脚やせスパッツおすすめはスレンディーナマジック

 

脚やせ効果のあるバランスボールエクササイズ

ヒップと太ももに力を入れることによりヒップアップ、内ももの引き締め効果によって太もものサイズダウンになる運動です。

注意点としては、最初に前傾姿勢になりがちなので、背筋を伸ばすことを意識してみましょう。

脚を長くする方法 ヒップアップが絶対必要!

 

たくさんあるバランスボールエクササイズの中でも、足腰の負担が小さく動作も単純なエクササイズになりますので、こちらは足腰が弱い人や初心者におすすめです。

 

バランスをとることによって、脚とヒップを含めた下半身の筋トレ効果が得られます。膝立ちすることで、前もものストレッチ効果もあります。

 

私が実践したところ、最初はバランスをとることができず、捕まっていても転んでしまいました。

腰が引けた状態になってしまいました。

 

重要なのは、支えていてもしっかり膝で立つことです。

 

これができれば、脚やせ効果が得られます。

 

バランスをとるために奮闘しているだけでも筋肉痛になるくらいですので、効いているのがわかります。

脚だけではなく腹筋にも力が入り、下腹部引き締めになるのも嬉しいダイエット効果です。

 

脚やせ下半身やせの期待できる動作です

Sponsored Link

前ももと後ろももの筋トレ、おしりを持ち上げることによるヒップアップ、ふくらはぎのストレッチ効果があります。

 

この動作で大切なことは、ボールにのせた脚のつま先を上に向けることを意識することです。

 

やってみると分かりますが、そこを意識していないとつま先は伸びてしまいまい、伸びの効果が薄くなるのを感じます。

つま先を上に向けることでふくらはぎののび方が全然違い、やり終わった後の足のすっきり感に違いがでますので、意識しながらやりましょう。

 

こちらは上級者向けの筋肉トレーニング運動です。

 

脚を上に向け続けることによって、脚にたまった水分を心臓に戻しやすくし、むくみをとる効果が得られます。

 

脚の筋肉を伸ばすストレッチ効果で、凝り固まった筋肉をほぐし柔軟にしてくれます。、

ボールを挟み続けることによって、内ももやおしりの筋肉の強化、また横に倒すことによってももの横側の強化にもつながります。

 

脚を伸ばす前ももの筋トレ、腹筋を鍛える効果とダイエット効果の多いトレーニングです。

脚全体の筋肉を使うならナンバーワンのトレーニング方法です。

 

筋肉がないと勢いがついてしまいトレーニング効果が半減してしまいますが、ゆっくり深呼吸しながら行うことにより、ムキムキではなくしなやかで綺麗な筋肉がつくため、女性におすすめのやり方です。

 

またがってボールにのる定番動作は、バランスボール所有者の誰もが一度はやったことがある動きですが、この動作で意外にも多くの健康効果が得られます。

 

骨盤矯正効果、太ももの筋トレ、ヒップの筋肉の筋トレ、そして左右にごろごろ転がすことによって股関節のストレッチ効果もあります。

 

さらには、腹筋や体幹も鍛えることができます。

シンプルな動きは簡単で楽しくできるのも良いところで、テレビを見ながら行うこともできるので、ダイエットを長続きさせやすいです。

 

腰が弱い人はあまり左右に揺らさない方がいいのですが、そうでない方には、揺らすことによりウエスト引き締めにも効果的です。

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP