かかとケア簡単な保湿でガサガサかかとがツルツルに!ストッキングの伝染を防ぐ

かかとケア

ツルツルで滑らか、すべすべで綺麗な足裏とかかとを得るには?

カサカサのかかとケア、乾燥してガサガサになってしまった足裏を効果的に治す、綺麗なかかとを手にいれる方法をまとめてみました。

 

ストッキングやタイツがひっかかって伝染してしまうのは、かかとや足裏の一部の肌が乾燥でガサガサに固くなってしまっているから。

ガサガサのかかとは、乾燥しやすい冬だけでなく、素足でサンダルを履く機会が多い夏にも大問題。

 

保湿ケアで綺麗なすべすべかかとを手に入れましょう!

 

足の裏のガサガサは、正しい足裏ケアをしないと症状はよくなりません!

今回は、お家で簡単にできる足裏の手入れ方法について紹介します。

Sponsored Link

足裏がガサガサになってしまう原因

まず、ガサガサかかとの原因が“水虫”の場合、ここで紹介するケアは全く効果がありません。

症状を悪化させてしまう原因にもなりかねませんので、かかとがひび割れている場合、皮膚が固く厚くなっている場合、白く粉をふいている場合などは、一度皮膚科を受診して診てもらうことをおすすめします。

 

主な足裏ガサガサの原因

・ 血行不良
・ 老化
・ 靴による摩擦
・ 皮膚のターンオーバーの乱れ
・ 乾燥
・ 冷え
・ 油分不足

これらの主な原因は、保湿やマッサージといった、家で簡単に行える足裏ケアで改善することが可能です。

 

角質ケア

まず最初に、分厚く固くなってしまった古い角質、ガサガサ部分を取り除きましょう。

 

注意点:

注意1)本来角質はとても薄いので、ヤスリで強くこすったり何度も往復させたりして、削りすぎて必要な皮膚を傷つけてしまわないようにすることです!

注意2)そしてもう1つ大切なことは、濡れた状態で角質を削らないことです!

 

お風呂場にかかとのやすりや軽石を常備させて、それらを使って濡れた状態のかかとを削っている人が多くいます。

濡れた状態でやすりなどをかけると、必要以上に角質を取り除いてしまう可能性が高いですので、必ずお風呂上りに水分をよく拭き取ってから、角質ケアを行いましょう。

 

角質の除去は少しずつ丁寧に!がポイントです。

 

角質を除去した後は、皮膚がとてもデリケートな状態になっていますので、必ず保湿クリームでしっかり保湿することを忘れないでください!

削らずにまんべんなく角質を除去するには、評判の高いフットパックがおすすめです!

肌に優しい弱酸性成分のフットパックを選びましょう!

 

足裏の保湿

高評価のかかとクリームで保湿

ガサガサかかとの基本的なケアは、“保湿”です。

保湿が一番大切なケア方法になります。

いろんな保湿クリームの中から使った人の効果の高い商品、尿素やコラーゲンといった角質をやわらかくして保湿成分を皮膚の奥まで浸透させる成分と潤い成分が配合された商品を選ぶのがポイントです!

 

足裏のパック

週に1度のスペシャルケアとして、お風呂上りの足裏パックがおすすめです。

手持ちの化粧水がかかとパックに大活躍!

 

キッチンペーパーや脱脂綿などにたっぷりと化粧水をしみこませ、かかとや乾燥している部分にかぶせて、その上からラップを巻いて密着させます。

さらに、蒸しタオルを巻いて温めると効果がアップします!

パック時間は5分ほどでOK、最後はかかとクリームで保湿しましょう。

 

効果のある市販のかかとパックでお手入れするのも簡単!

かかとパックは安心の日本製品を選びましょう。

 

保湿と保護

保湿し終わった足裏は、靴下を履いて保護しましょう。

乾燥させないのが一番の保護になります。

おすすめは保湿効果が高い五本指ソックスです。

靴下を履いて寝ることに抵抗のある方は、いらなくなった靴下や百均の靴下を利用して、つま先部分をカットして履くと圧迫感が少なく楽です。

 

ガサガサかかと予防

かかとや足裏がガサガサになってしまうのを防ぐのは、定期的な足裏ケアが必要です。

上で紹介した方法で定期的に足裏の保湿を行いましょう。

足裏をマッサージして血行をよくすることも、冷えを防いで足裏の乾燥防止に繋がります。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP