原因は?セルライトの予防に効果的な食べ物と運動

「セルライト」

これは簡単に言うと脂肪と老廃物の塊なのですが、成人女性のおよそ8~9割にみられると言われています。

セルライトができると肌の表面がデコボコとしてしまい、オレンジの皮のような見た目になるため「オレンジピールスキン」とも呼ばれます。

しかも一度できてしまうと非常にケアが難しく、減らしたり小さくしたりする事は容易ではないのが厄介なところです。

まず、どういった状況においてセルライトができてしまうのか、その原因や予防法、できてしまった場合の対処法までを探っていきましょう。

セルライトの予防

 

なぜセルライトができてしまうのか?

・血行不良やむくみをケアせず放っておいた

・冷え対策を怠る事よって老廃物が蓄積されてしまった

・脂肪と老廃物が固まってセルライトになってしまった

という原理でセルライトはできてしまいます。

 

血行・代謝不良によって起こるものなので、自然とそういった環境に陥りやすいお腹、お尻、太ももなどに主に発生しますが、二の腕やふくらはぎなどに見られる場合もあります。

よく動かす手などの部位には現れないのです。

Sponsored Link

 

セルライトを予防するには?

セルライトのできる原理を考えると、血行を促進するように適度な運動をしてマッサージを行うのが最も効果的と言えるでしょう。

運動は、ウォーキングのような軽いものでも十分に効果がありますし、マッサージなら、身体が温まっている運動後や入浴後などが最も効果が高いでしょう。

 

また、食生活の改善も重要なものになります。

ふくらはぎと太ももの部分痩せは可能!ストレッチと食事で脚やせ

 

セルライト予防につながる食べ物は?

特にファストフードややコンビニ、インスタントばかりで済ませているような人は要注意です。

 

一日に一食でも脂肪分の少ない食事に切り替えたり、緑黄色野菜や玄米を積極的に取り入れた食事が理想的です。

 

セルライトに効果のある食べ物は「ビタミンB群」を含む食べ物です。

ビタミンB群を多く含む食材を摂るようにするとセルライトの予防になります。

 

・玄米、胚芽

・かつおやまぐろなどの魚類

・ヨーグルト、チーズなどの乳製品

・豆腐、納豆などの大豆食品

・レバーなどの肉類

・緑黄色野菜と葉菜野菜

 

ビタミンB群の食品は水溶性なので、煮物やスープなどに調理して食べる際には、汁ごと頂ける味付けで料理するのがポイントです。

熱でビタミンはある程度失われてしまうので、加熱なしで食べれる食材は、そのまま頂いた方が、成分を失わずに摂取できます。

Sponsored Link

できてしまったセルライトは?

予防していてもできてしまった、または既にセルライトで悩んでいる場合は、正しく対処する事が必要になります。

間違った除去法で無理に潰したりすると、悪化してしまう恐れもあるのです。

 

セルライトは、強い力で潰してしまうよりは軽くつまむ程度に留め、気になる部分を揉んだり摩ったりして根気良く少しずつ解消していく事を心がけましょう。

 

一日短時間でも、続けていけば効果が現れるはずです。

また、より手軽なものとしてはストッキングやタイツ、下着などで血行を促進させるアイテムの活用です。

脚を細く見せるタイツとストッキング 効果的で人気の商品は?

 

これは外出中にもセルライト対策として役立ってくれるので、忙しい人にもおすすめです。

運動やマッサージを継続して血行を促進させ、代謝を高める事によって、セルライトができにくい身体を目指しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP