脚が細く見える方法 写真で脚やせする立ち方

脚が細く見える立ち方を知っておくと、写真撮影の際にはもちろん、普段の立ち振る舞いが綺麗に見えるので便利に活用できます。

一般の私達から見れば、綺麗に見せる努力など必要ないであろうと感じるような、細くて長い脚のモデルさんたちでも、脚を細く綺麗に見せるポーズを意識していますよね。

それは、見せ方次第で随分ほっそり長脚に見せることができるからです。

Sponsored Link

ちょっとしたアイテム使いで、コンプレックスを隠してしまう方法

ちょっとしたアイテム使いで、コンプレックスを隠してしまう方法

誰でも脚の太さは異なるものですし、好きになれない部分もあるものです。

特に太ももやふくらはぎの太い部分や、気になるひざこぞうなどは、出来るだけ綺麗に見せたいと思うものです。

そんな時は、手にしている帽子やバッグをさっと活用してしまいましょう。

 

常に小さなわが子を右足の前に立たせて写真を撮る、なんて努力をしている人もいるようです。

右足が細い人は左足の、左足が細い人は右足の気になる部分だけを隠して、細い方の脚はそのままさらけ出します。

写真をみた誰もが、見せている細い方の足の太さがあなたの足の太さと思います。

 

横向きに傾けて、気になる脚をほっそり見せるコツ

横向きに傾けて気になる脚をほっそり見せるコツ

正面を向いて写真に写るより、体を横にしたり、斜めにする方がほっそり写るのは誰もが知っているポーズですが、「はい、写真撮ります!」という一瞬に綺麗に見せるポーズをとるのは、普段からポーズを知っていないと、その一瞬でカッコを決めるのは難しいものです。

 

ですが、写真と言えば「ピース」というごく普通に誰もが反応してしまうくらいに、ポーズを意識することも可能です。

これは、何度か意識して経験するだけで、ピースサインをだすかのように簡単に、体がすっと向きをかえるようになってくれます。

 

モデルさんのように、かっこいいポーズは憧れですが、一瞬でさっとできるポーズは、カメラに対して下半身を横向き、上半身を正面に向ける簡単なポジションです。

すごくカッコつけたモデルポーズでなく、さりげなくすっと下半身を横のポジションにするだけでも、脚が細く綺麗に写ります。

Sponsored Link

正面を向いて写真を撮る際の、脚を細く見えるポジション

正面を向いて写真を撮る際の脚を細く見えるポジション

真ん中の写真のモデルさんの脚が太めに見えてしまいがちですが、3人とも全く同じモデルさんです。

そして、同じ高さのヒールを履いています。

 

なぜ真ん中のモデルさんの脚のポーズが太めに見えてしまうのか?

 

結論から言うと、両足の間に隙間が無いからです。

確かにポーズとしては、ボディラインが綺麗に見えますし、細いモデルさんなのでどんなポーズをしようと太って見えることはありません。

ですが、見比べてみると、左右の脚のポジションと比べて、明らかに真ん中の方が太めに見えてしまいます。

 

ポイントは、太ももとふくらはぎの間にスペースを作ることです。

 

両足をほぼ真横に重ねて、隙間を作らないポーズは、横幅が太く見えてしまいます。

少々両足を広げるなどして、若干の隙間を作りましょう。

 

隙間の作り方はいろいろです。

こんな感じに、ナチュラルで細く見える脚の位置を鏡を見て研究してみましょう。

脚の隙間の作り方

両足の間に隙間はできませんが、片足だけを後ろに引いて、両足の上下のラインを揃えて、足全体の幅を狭く見せるというポジションも、良く海外セレブのレッドカーペットで見る綺麗なポーズです。

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP