脚やせする自転車とエアロバイクのこぎ方!脚は太くならずに引き締め効果

脚やせする自転車とエアロバイクのこぎ方!脚は太くならずに引き締め効果

自転車やエアロバイクで脚は太くなる?細くなる?

どの位のカロリー消耗をするの?

自転車やエアロバイクでの脚やせには、いろいろな噂が飛び交い、実際に引き締め効果があるのか、または筋肉質な脚になってしまうのか、賛否両論でわかりずらいエクササイズです。

筋肉が付きすぎて脚が太くなるという噂も聞けば、ぶよぶよとした脂肪が燃焼されて引き締まったという話も聞きます。

そこで今回は、

  • エアロバイクで本当に脚は細くなるのか?
  • エアロバイクの正しい乗り方は?
  • エアロバイクと自転車はどっちが効果的?
  • エア自転車でも脚やせする?

といったことを詳しく見ていきます。

あなたにあった脚やせ方法がきっと見つかりますので、是非最後まで読んでみてくださいね!

エアロバイクは足が太くなる?細くなる?

エアロバイクは足が太くなる?細くなる?

結論から言うと、エアロバイクを使ったトレーニングで足を細くすることは可能です。

有酸素運動であるエアロバイクは、効率良く脂肪を燃やしてくれるためダイエットに活用でき、足を引き締めて細くする効果が得られます。

ただし、乳酸が出るほどの負荷を加えて毎日エアロバイクを漕ぎ続ければ、足の筋肉を大きく育てることも可能です。

 

エアロバイクをダイエットに活用しようと思って「エアロバイク」と検索すると、ネットでは足が太くなるイメージの言葉が多く飛び交っています。

  • エアロバイク足太くなる
  • エアロバイク太ももパンパンになる
  • エアロバイクふくらはぎ筋肉質

実際、競輪やパーシュートなど自転車競技を行う選手には、足に大きな筋肉が付いています。

自転車競技の選手たちは、毎日何時間ものトレーニングを課せて筋肉を育てているからです。

しかし、自転車やエアロバイクで適度に運動するが、足を太くすることにはなりません。

むしろ脚全体の筋肉を引き締めて脚を細くすることにつながります。

 

エアロバイクのダイエット効果

エアロバイクのダイエット効果

エアロバイクを活用してダイエットを行う利点は、運動が苦手な人でも始めやすく、天候に左右されないので持続するのが難しくないため、ダイエットを成功させる確率が高いところです。

始めるのにハードルが高くない利点に加え、「有酸素運動」なので効率良く脂肪を燃焼して痩せることができます。

また、こぐだけという簡単な動作なのに「消費カロリーは高い」という点も、ダイエットの成功率を高めています。

エアロバイクは消費カロリーが高い!!

例えば有酸素運動の代表格であるウォーキングとエアロバイクの消費カロリーを見比べてみても、エアロバイクは倍くらいの消費カロリーがあります。

ウォーキング30分の消費カロリーは約100㎉です。

それに対して、エアロバイクは30分で150㎉〜300㎉を消費することができます。

エアロバイクは負荷のかかり具合、スピード、のり方などで消費カロリーが変わってきますが、ウォーキングよりも多くカロリーを消費することができます。

 

ジムバイクの機能はダイエットに役立ちます。

  • 現在の心拍数
  • 走った時間
  • 消費カロリー

を簡単に確認でき、どのくらいダイエットができたかを確認しながら行えます。

努力をした分の、どのくらいカロリーを消費したかを知っておくのは実は大切なことです。

ダイエットをきちんと行っている確認ができ、モチベーションを維持するために大切なのです。

 

始めやすく続けやすいエアロバイクを使った脚やせダイエット。

確実に成功させる鍵はエアロバイクを「有酸素運動」として行うことです!!

酸素を体に取り込む有酸素運動を一定時間続けて行うことで、脂肪が燃焼されます。血行が促進されて代謝が上がるため、普段からカロリー消費率の高い体質へ体を変化させることができます。

脚を細くする正しい方法で、エアロバイクダイエットを行いましょう。

 

毎日忙しくて、エアロバイクでの有酸素運動やカロリー消費はちょっと大変という方は、履くだけレギンスダイエットがおすすめです!

着圧レギンスを履いて生活するだけで脚やせ効果が得られるので、毎日の運動が大変な人でも大丈夫!!!

脚やせ効果のある着圧レギンスは、着圧レギンスランキングの履くだけで痩せる1位のレギンスが人気です。

脚やせ効果を得るエアロバイクの乗り方、漕ぎ方、コツ

脚やせ効果を得るエアロバイクの乗り方、漕ぎ方、コツ

エアロバイクは、ただペダルを漕げば脚を細くするという訳ではありません。

より高い脚やせ効果を得るためには、

  • 正しい乗り方
  • 正しい漕ぎ方

というもを知っておく必要があります。

 

ペダルの高さ

椅子にまたがり、両足をペダルにのせてみましょう。

そして、ゆっくりペダルを漕いでみます。

片方の足が一番下に来た時、その足がピンと真っすぐ下に伸びているくらいの高さ、その高さに椅子をセットします。

この高さが脚やせを促進させ、さらにお尻やせに効果がある高さです。

 

漕ぎ方

ペダルには足裏全体をのせるのではなく、つま先だけをのせるイメージです。

つま先だけで漕ぐように意識しましょう。

漕ぐ足になるべく負荷がかからないよう、負荷が軽めになるように設定します。

漕ぐ時は足首も意識します。

足首を使うと足先にたまった血液の循環を良くすることができ、

  • 冷え解消
  • むくみ防止
  • 足首痩せ
  • ふくらはぎ痩せ

の効果も期待できます。

 

漕ぐ速さ

脂肪を燃やすのに適したペダルを漕ぐ速さは、1分間に90~100回という少し速めのスピードが理想です。

ですが、負担がかかりすぎて心拍数を上げすぎてしまうと、足の筋肉を必要以上に育てる可能性があります。

足を細くする目的でエアロバイクを活用する場合、心拍数を上げすぎないことが大切です。

心拍数をチェックしながら行うようにしましょう。

 

適正な心拍数でエアロバイクを行うと脂肪を効率よく燃焼することが可能です。

つまり、綺麗に足を細くすることが可能です。

 

自分に適した心拍数は、

(220-年齢)×0.7

で求めることが出来ます。

 

自分に適した心拍数で、有酸素運動を20分以上続けます。

最低20分漕ぎ続けましょう。

徐々に時間を増やしていけると、ダイエット効果が早く現れます。

週3回は行うのが理想。

休み過ぎないように持続して行うのが脚やせの近道です。

自転車は足が太くなる?脚やせに有効?

自転車は足が太くなる?脚やせに有効?

ここまでで、エアロバイクで脚やせすることは可能なことが分かりましたが、自転車でも同じ脚やせ効果を得ることは可能なのでしょうか?

エアロバイクと外で乗る自転車の大きな違いは、負荷のかかり方です。

外を走る自転車は、坂道があったり砂利道があったりするため、走る道によって走りやすさがかわります。

荷物や子どもを乗せていれば重さも加わります。

これらは全て筋肉への負荷となるため、エアロバイクに比べて疲労が大きくなります。

 

疲労感を感じると筋肉から乳酸が出始めます。

この乳酸によって筋肉が発達しやすくなるため、足の筋肉を大きくします。

競輪選手の足が鍛えられて太いのは、つねに乳酸が出る程負荷をかけたトレーニングをしているからです。

日常生活の自転車も、負荷のかかり方次第で筋肉を大きく発達させる可能性はあります。

自転車で足が太くなることもあり得るということです。

 

ですが、一般的な自転車の乗り方で、大きく足の筋肉を鍛えることは少ないと言えます。

どちらかといえば、ほとんどの人は、脚やせにつながる乗り方をしている方が多いでしょう。

脚やせにつながる自転車の乗り方を知っておき、自転車を乗る機会も脚やせに活用してしまいましょう。

 

脚やせ効果を得る自転車の乗り方、漕ぎ方、コツ

脚やせ効果を得る自転車の乗り方、漕ぎ方、コツ

エアロバイク同様、乗り方次第で自転車を脚やせに活用することができます。

  • 負荷のかけ方
  • 自転車の乗り方

に注意しましょう。

 

エアロバイク同様、サドルは高めにセットします。

漕いで下にくる足が、まっすぐに伸びるくらいの位置が理想です。

漕ぎ方の注意点は、足裏全体を使うのではなくつま先で漕ぐという点です。

つま先を使って自転車をこぐと、日常生活ではあまり使われない足首の筋肉を存分に刺激することができます。

普段使われていない筋肉を使うことは、脂肪燃焼効果を高めることにつながります。

 

自転車はエアロバイクよりも脚やせに適した部分もあります。

それは、室内で固定されたエアロバイクとは違い、バランスを取って道を走行しなければいけない点にあります。

自転車でバランスをとるためには、骨盤まわりの筋肉が必然と使われます。

そのため、骨盤まわりの筋肉を鍛えることができるのです。

骨盤周りの筋肉が鍛えられると、体幹が上がり体全体のバランスも整います。

  • 代謝アップ
  • 脂肪燃焼率アップ
  • 巡りの改善
  • カロリー消費アップ

などの効果が得られることから、

  • 下半身痩せ
  • 脚やせ
  • ダイエット

へとつながります。

これらは自転車ダイエットのメリットです。

 

ギア調整のできる自転車の場合、なるべく負荷がかからない軽めにギアを設定するようにします。

走る道は、坂道など体力を必要とする道ではなく、軽く漕ぎ続けられる道を選びましょう。

 

視界に入ってくる情報は脳の活性化にもつながります。

公園の周りや川べりなど気持ち良いコースを走行すれば、集中力アップ、ポジティブ思考などの効果も得られ、ダイエットのモチベーションが上がるという利点もあります。

脚やせ効果大!エア自転車の脚やせ効果

脚やせ効果大!エア自転車の脚やせ効果

  • エアロバイクを持っていない
  • ジムに行く余裕がない
  • 自転車に乗る時間がない

という方にオススメなのが「エア自転車漕ぎ」です。

その名の通り、自転車もエアロバイクも使わず、空中で自転車こぎをする運動です。

 

このエア自転車、実は意外に馬鹿にできないほど脚やせ効果の高い運動なのです。

消費カロリーはエアロバイクには劣ります。

ですが、30分で120㎉前後とウォーキングよりも高いのです。

足を持ち上げて行うことから下腹部にも力が入り、お腹痩せダイエットも同時にできるという嬉しい利点もあります。

足を高く上げて行う運動は、足先や下半身に溜まった血液や老廃物を流すため、脚全体のむくみを解消して血液の流れを良くすることができます。

血流が良くなると代謝が上がり脚やせ効果が高まります。

エア自転車漕ぎには、

  • 足首、膝、ふくらはぎ、太もも、ヒップといった下半身全体の脂肪を落とすダイエット効果
  • お腹を凹ませウエスト回りもすっきりさせるお腹痩せ効果

もあります。

脂肪燃焼を高め、痩せ体質を作る効果も期待できます。

 

脚やせするエア自転車のやり方、漕ぎ方、コツ

脚やせするエア自転車のやり方、漕ぎ方、コツ

  1. 仰向けに寝転がります。
  2. 両足を天井に向け、腰からぐっと持ち上げましょう。体がぐらつかないように両手で腰を抑えます。(腰が辛い人や腰痛持ちの人は、腰をあげない「エア自転車漕ぎ」がおすすめです。仰向けになり、足は低めに上げます。頭を持ち上げて、横から見ると「く」の字になっているように姿勢を整えます。)
  3. 上げた両足は、お腹に力を入れながら自転車おペダルをこぐように交互に片足ずつ動かします。
  4. 呼吸を止めると、有酸素運動の効果が失われます。呼吸は止めないように意識して行いましょう。
  5. エア自転車漕ぎは、入浴後など体が温まっている時に行うとより効果的です。
  6. 首や腰に負担がかかる運どうのため、1回のエア自転車漕ぎの時間は短くしましょう。効果を早く得たい場合は、1日に数回に分けて、毎日行うようにしましょう。
  7. あまり早く足を動かすと股関節を痛めてしまいます。ゆっくり漕ぐようにしてください。

エアロバイクは色々な呼び方をされています。

  • ジムバイク
  • フィットネスバイク
  • スピンバイク
  • エクササイズバイク
  • エアロビクスバイク
  • 電動バイク
  • 自転車マシーン
  • ルームバイク

などまだまだ名称があります。

家庭用では、小型のもの、折りたためてコンパクトにしまえるもの、物静かなものなど、家庭の事情にあった商品が選べます。