ふくらはぎのむくみを即解消!原因に合った脚やせ方法を実施

ふくらはぎのむくみを即解消!原因に合った脚やせ方法を実施

ふくらはぎのむくみをチェックする方法をご存知ですか?

ふくらはぎのむくみを放っておくと、足が太くなり下半身太りも虚長され、脚やせしにくく太りやすい体になってしまうので要注意!

まずは足の状態をチェック!

むくみの原因を知って、すぐにでも対処・解消していきましょう!

むくみが目立ってくると、足全体が太く見えてしまうため、気にしている方も多い問題です。

ふくらはぎのむくみを解消することは脚やせにも繋がります。

なぜむくんでしまうのか?

その原因から解消方法を探り、むくみしらずのスッキリほっそりとした脚を目指しましょう。

ふくらはぎのむくみをチェックする3つの方法

ふくらはぎのむくみをチェックする3つの方法

まずはふくらはぎのむくみの状態をチェックしましょう。

自分でできる簡単なむくみチェック方法を紹介します。

 

靴下の跡をチェックする

一番簡単なのは、『朝に靴下を履いて、夜に靴下を脱いだ後に靴下の跡がついているかどうか見る』という方法です。

足に水分がたまっていると、ゴムの跡がつきやすくなってしまうのでふくらはぎのむくみが一目瞭然で確認できます。

足の甲を見てチェックする

これも簡単なむくみチェック方法です。

まず夕方頃に足の甲を確認してみましょう。

足のむくみがない状態では、足の甲を見ると足の指から足首につながる骨が目視で確認できますが、足がむくんでいるとその骨が見えにくくなっていることがあります。

骨がどこにあるかわからない場合は、足のむくみを疑いましょう。

すねの内側を触ってチェックする

すねの内側を10秒ほど押してみましょう。

少し痛いかなと思う強さでしっかり押します。

通常なら指を離して5秒ほどで押したところは跡が残らずに元に戻ります。

しかし、足がむくんでいたら押したところが5秒を過ぎてもへこみが消えずにそのまま残ってしまいます。

この場合は、むくみを疑うのではなく、むくみがひどい状態であると考えた方がいいでしょう。

 

ふくらはぎのむくみの原因となる4つの生活習慣

ふくらはぎのむくみの原因となる4つの生活習慣

もともと、足は心臓から遠いため、体の中で一番むくみやすい箇所なのですが、いくつかの生活習慣がふくらはぎのむくみを酷くする原因になっています。

長時間同じ態勢で過ごしている

  • 日中、ずっと立ったまま仕事をしている。
  • デスクワークで基本的に動かず座り続けている。

など長時間、同じ態勢で過ごしていると下半身の血流の流れが滞ってしまい、ふくらはぎに水分や老廃物がたまりやすくなり、ふくらはぎのむくみの原因になります。

ふくらはぎの筋力の低下

下半身の血行を良くするために、ふくらはぎの筋肉が重要になってきます。

ふくらはぎは、重力に逆らって心臓に血液を送り返すポンプ機能の役割を担っています。

ふくらはぎの筋力が低下するとこのポンプ機能が弱くなってしまい、むくみやすくなってしまいます。

運動不足の人は、ふくらはぎの筋力低下によるむくみも疑う必要があります。

冷え性

体が冷えていると筋肉が緊張してしまうため、筋力の低下同様にふくらはぎのポンプ機能が弱まり、血行の流れが悪くなってしまいます。

アルコール・水分の摂りすぎ

アルコールを摂取すると、血管の中の水分が染み出てきて、むくみを増長してしまいます。

アルコールの摂取のし過ぎは、むくみの大敵。

自分の適正量を知り、厳守するように注意しましょう。

アルコールだけでなく、水分や塩分を過剰に摂りすぎても血管の中の水分が増えてしまうので要注意です。

血管内の多すぎる水分はうまく排出できなくなるため、むくみの原因となりやすくなってしまいます。

ふくらはぎのむくみにサポーターは効果的?

ふくらはぎのむくみにサポーターは効果的?

ここからは、ふくらはぎのむくみ解消に効果があるアイテムや方法を紹介したいと思います。

まずは脚やせサポーターです。

脚やせサポーターがむくみ解消に対して効果的な理由は、ふくらはぎ全体を包み込み、ふくらはぎの疲れを癒しながら血行を促進し、むくみを軽減してくれる効果があるからです。

 

サポーターは運動をしている人が使用するイメージが強いですが、最近ではむくみ対策の脚やせグッズとして若い女性など運動をあまりしない人でも着用している人が増えています。

ふくらはぎのサポーターを選ぶ際には、段階的に着圧されているタイプのものにしましょう。

部位によって適切な圧をかけることによってふくらはぎの血行を促進してくれます。

 

着圧レギンスにも段階的に圧をかけつつ『脚やせ』『むくみ解消』の効果があるものがあります。

こちらの脚やせ着圧レギンスなら外履きもできておすすめです!

 

着圧が苦手な人は、自分の足よりもワンサイズ大きいものを選ぶと快適に過ごせると思います。

就寝時に着用して眠ることなどを考えれば、生地は通気性のいいものを選びましょう。

 

ふくらはぎのむくみに着圧ソックスは効果的?

ふくらはぎのむくみに着圧ソックスは効果的?

次は脚やせ着圧ソックスです。

ドラッグストアやバラエティショップで多彩な種類の着圧ソックスを目にするため、愛用している人も多いのではないでしょうか。

ただし、種類がありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこでこちらにおすすめの着圧ソックスをまとめました!

 

着圧ソックスがむくみ解消の効果がある理由は、ふくらはぎに程よい圧をかけることで、ふくらはぎの筋肉を刺激し、ポンプ機能の働きを促進してくれるからです。

サポーターと違い、商品によって昼用、夜用などがあり、使用方法をしっかり確認してから使用しましょう。

昼用を長時間使用続けたり、就寝時も着用したりし続けていると、むくみ解消どころか血行不良を引き起こす原因になってしまいます。

 

着圧ソックスの場合は、自分のふくらはぎにあったサイズを選びましょう。

メーカーによって同じSMLでも大きさが異なる場合があるので購入時にしっかりチェックする必要があります。

また、ふくらはぎの場合は、10~20hPaくらいの圧力が適正とされています。

圧力が強いかといってむくみ解消の効果が増えるわけではないので、注意してください。

ふくらはぎのむくみ取りストレッチ方法

ふくらはぎのむくみ取りストレッチ方法

ふくらはぎのむくみは放置すると、どんどん足が太くなり、むくみの他の問題の原因にもなってしまいます。

その日のむくみはその日のうちに解消しましょう。

お家で簡単にできるむくみ解消につながる脚やせストレッチ方法をいくつか紹介します。

ヨガで脚やせストレッチ

  1. 割り座で床に座ります。割り座とは、正座の状態で、両足のふくらはぎが外に出ている状態の座り方を言います。この時、足裏は天井に向けます。
  2. ふくらはぎのくびれに、手の平を当て、床に向かって翠帳に押しながら、ゆっくりと腰を下ろしていきます。痛みを感じる必要はありません。
  3. 痛みを感じる前にストップし、1分間その姿勢を保ちます。

自分の体重で、ふくらはぎに圧をかけられるため、血行促進の効果が期待できます。

お風呂で脚やせストレッチ

お風呂で簡単にできる脚やせストレッチもあります。

  1. 湯船に浸かるときに、足をまっすぐ伸ばしましょう。
  2. 足裏をバスタブ側面にくっつけたまま、足指を細かく動かしてバスタブの下から上まで足を移動させます。
  3. 上までいったら、同じく足指を使って下まで足を下ろします。

簡単ですが、ふくらはぎの筋肉を刺激しつつ、水圧の影響でふくらはぎのむくみも解消できるストレッチです。

足のむくみを解消するこちらのストレッチと合わせることでさらに効果アップ!

 

ふくらはぎのむくみ取り脚やせ運動

ふくらはぎのむくみ取りストレッチ方法

ホールドリラックスで足のむくみ解消!

運動不足や冷え性などで、硬くなってしまった筋肉をほぐすことで、ふくらはぎのむくみを解消する効果が期待できます。

ホールドリラックスは、筋肉を伸ばして縮めてを繰り返すことで、ふくらはぎの筋肉の緊張をときます。

この脚やせ運動は、ストレッチ効果・筋トレ効果を得ることができます。

  1. 壁に手をついて、つま先立ちを10秒。この時、ふくらはぎの筋肉にしっかり力を入れましょう。
  2. 10秒後、一気に力を抜いて、かかとを下ろします。
  3. これを数回繰り返しましょう。

簡単なストレッチですが、転倒防止のため、念のため壁に手をついた方が安全です。

ちなみにこれは椅子に座っても行える運動です。

椅子に座ったまま、ふくらはぎの筋肉を意識しながらつま先をあげて、下ろすを繰り返すだけ。

机の下でこっそりできるので、仕事中でもできるむくみ解消方法です。

就寝前のふくらはぎ体操でむくみ解消!

  1. あぐらをかいて床に座ります。
  2. その状態から、片足を前に伸ばしましょう。
  3. 伸ばした足のかかとは床にくっつけて、足先は天井に向けます。
  4. その状態で、足先を体の方に引っ張るように、ストレッチを行います。

ふくらはぎが伸びているのが実感できると思います。

いまいち、うまくできないときは、上半身を伸ばした足の方へ軽く傾けるとやりやすいです。

こうすると太ももの裏も伸びるので足全体のむくみ解消効果が期待できます。


コメントを残す



脚やせ方法.JP