太ももの横の出っ張りを取る方法 太もも横痩せストレッチと筋トレ

太もも横痩せストレッチと筋トレ

太ももの外側が横に張り出てしまっていて太ももが太く見えてしまう。

原因はいったい何なのでしょう?

悩みに合わせてストレッチや筋トレで、太もも横の肉を取る方法、せり出した太ももの張りを無くす方法、姿勢を正して原因を防ぐ方法をまとめて紹介します。

Sponsored Link

ショートパンツからすらりとまっすぐに伸びる長い脚。

モデルさんのようなきれいな脚に憧れない女性はいません!

 

ですが、どれだけダイエットをがんばっても下半身、特に脚だけはなかなか思うように痩せないと感じている人も多いのでは?

下っ腹、ヒップ周り、太ももがぽっちゃりとした洋なし体型で悩む女性も多いのが現状です。

今回は、そんな悩み解消に役立つ、太ももの外側の痩せ方をまとめて紹介します。

 

そもそも太ももの横が張り出てしまう原因って何なの?

太ももの外側がぽっこり膨らんでしまう原因

太ももが横に出っ張ってしまうのは、「骨盤のズレ」が原因となっている可能性があります。

骨盤のズレは、気づかないうちに以外と簡単に進行してしまっています。

 

脚を組んで座る、片方の脚に体重をかけて立つ、横座りをする、姿勢が悪い座り方をするといった日常生活の癖から、骨盤が少しずつずれてしまっています。

女性の骨盤は毎月の月経に伴って開いたり閉じたりしますし、出産で骨盤が歪んでしまう方も多いのです。

 

骨盤が歪んでしまうと、それに伴って股関節にズレが生じ、太ももの骨にも歪みが生じてしまいます。

骨盤ダイエットに脚やせ効果!エクササイズ方法と歪みの治し方

 

多くの女性に多い膝が内側を向いてしまう「内巻き膝」も、太ももの骨のねじれが原因となります。

骨盤がひらいてしまう、傾いてしまうなどの歪みから、太ももの付け根の骨が大きく外側に出っ張ってしまい、太ももが太くなってしまうのです。

 

特別なトレーニングなどをしていないのにもかかわらず、骨盤の幅よりも太ももが外側にせり出している場合の多くは、骨盤の歪みが引き起こす下半身の崩れが原因です。

下半身の歪みは、洋なし体系、O脚、下半身太りに結びついてしまうので、早いうちに改善する必要があります!

Sponsored Link

太ももの出っ張りを改善する方法

外重心を内重心に変える

まず、自分の履いている靴のすり減り方に注目してみましょう。

外側ばかりがすり減ってしまっていたり、足の裏の外側にタコができてしまったり、外反母趾気味な方は、外重心である可能性が高いです。

 

意識せずにいると人は、楽な外側重心になってしまうことから、ほとんどの女性が外重心と言われています。

外側に重心を置く癖、これを改善するだけで、重心を内側に移動させ、骨盤を正しい位置に矯正する効果があるのです。

O脚や太もも横のせり出しといった、下半身の悩みの解消法になります。

 

では、どうしたら内重心になるか?

それは、歩くとき、立つときに足の親指の付け根を意識すること。

これだけです。

 

歩くときは親指の付け根で地面を蹴るイメージで、背筋を伸ばしまっすぐ前を向い得て姿勢良く歩くように心がけます。

ただ立っているときも、足の親指の付け根を意識してみましょう。

脚の内側に重心が移り、ヒップと腰回りがキュッと引き締まるのを感じます。

常に意識するのは簡単なようで難しいものですが、これを続ければ必ず効果があります。

簡単な方法なので意識することを癖にしてしまいましょう。

細い脚になる方法 歩き方・立ち方・座り方を変えるだけ

 

太もも外側の張りを矯正するストレッチ

このストレッチは歪みが大きい人ほど効果がありますが、最初はかなり痛みを感じるので、無理をせず少しずつ負荷をかけていきましょう。

 

四つん這いになり、右手の後ろに右膝、左手の後ろに右足首をつける形に右足を曲げます。(この体勢をとるのもかなりハード)

左足は後ろにまっすぐ大きく伸ばし、重心を左の股関節にもってきます。

両肘を床につけ、上半身の力を抜いて床に倒れます。

おでこを床につけるイメージです。

 

上半身を前に倒すのもかなりきつい動きなので、無理せず可能な限りで行いましょう。

この動作を左右交互に行います。

1分を目安に1日3〜5回行うと効果的です。

※曲げるひざにも負担がかかりますので、無理せず行う必要があります。

 

ワイドスクワットで内転筋を鍛える

太ももの内側の筋肉を鍛えることで、体を支える重心も内側にしやすくなります。

普通のスクワットではなく、膝を外側に開いて行うワイドスクワットが効果的です。

 

ポイントは背筋を伸ばすことです!

 

膝とつま先を同じ方向に外側に開いてスクワットを行います。

回数は自分のできる範囲でOK、背筋を伸ばし顔を前にまっすぐ向け、正しい姿勢で行うことが大切です。

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP