足が短い悩み解消!膝下を長くする方法

膝下を長くする方法

独自に足を伸ばす、膝下を長くすることは可能!

短足なのがコンプレックスだったわたしは、世の中に出回る足が伸びる、足が長くなるといわれるあらゆる方法を試してきました。

わたしは背が低くもちろん足の長さも短く、どんなファッションでも実際よりもさらに足が短くみえてしまうのが常に悩みでした。

いろんな方法を試みた結果、膝下を長くみせるのは、足を長くみせるのにとても重要だと気づきました。

実際にわたしが試した方法で、これは効果がある!と実感した方法をご紹介したいと思います。

同じ悩みを持つ方はぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

ふくらはぎを細くすると膝下が長くなる

スカートや短パンなどをボトムに選ぶと、膝下の長さが目立ちます。

そこで、膝下を長くするために取り組んだのは、ふくらはぎを細くすること。

ふくらはぎがシュッとしていると、膝から下が長くみえます。

そして、ふくらはぎを引き締めるのは、意外にも簡単な運動で十分でした。

 

つま先とび運動

TVでも取り上げられて話題となった「つま先とび運動」です。

この番組に出演された先生がおっしゃっていたのは、足を細く長くみせるためには、アキレス腱をのばして長くすること。

そして、このつま先とび運動は、アキレス腱を長く伸ばすのにちょうどいい運動です。

 

やり方はとっても簡単。

その名のとおり、つま先立ちになって全力で真上にジャンプするだけ。

 

ポイントは膝を曲げないで、まっすぐにすること。

そして跳ぶのは10秒間です。

※それ以上続けて跳ぶと、筋肉が疲れてしまって効果が減るので、10秒を守るのは重要なポイントです!

 

10秒×5回を2セット、朝と夜にやればいいので、続けるのも難しくありません。

中学生と高校生の脚やせ方法 太ももふくらはぎ効果的ダイエット

短期間で太ももを細くする方法 脚やせエクササイズのやり方

 

実際にやってみた結果は?

本当に長くなりました〜!

2週間続けて行って2mm長くなりました。

そしてふくらはぎの太さは1cmも細くなりました。

 

見た目も綺麗に引き締まった感があり、細く見える分、長さも長く見えるのでとても嬉しい!

とても簡単な運動で効果はあるのでおすすめです。

 

姿勢を正す

意外にも足を長くするのに効果があったのは、姿勢を正すことでした。

 

わたしは普段から姿勢をきにすることなどしてきませんでした。

実際に鏡で自分を見る機会を増やしてみると、パソコンに向かっているきに背中は丸まっているし、普段から足を組んだり椅子にのせたりすることも。

立っている姿も全然背筋が伸びていませんでした。

 

姿勢を正すのは辛い運動を毎日続けるような大変さはありませんが、常に意識して毎日を過ごすことが大切です。

 

わたしが行ったのは、

ちょくちょく鏡を見て綺麗な姿勢を作る。

ガラス越しなどでもちょくちょくチェックして、背筋を伸ばす。

歩いている間もまっすぐ前を向いて姿勢良くリズミカルに歩く。

座るときに足組をやめる。

背筋を伸ばして座る。

といったところを毎日意識して、頭の上から糸で引っ張られているような感覚に背筋を伸ばして顎を引いて、常に姿勢を正す努力をしました。

 

最初のうちはすぐに忘れて、座れば足組をしたりしているのですが、綺麗な姿勢をした体のラインは鏡でみてもとても美しいので、だんだん意識をする時間も増え、2週間やり続けたら綺麗な姿勢を保つことがくせになるようになりました!

 

実際にやってみた結果は?

なぜか姿勢を正したら、ダイエット効果がありました。

正しい姿勢で普段使っていなかった正しい位置の筋肉を使うと、筋力も増え代謝もあがり、血流にもよいそうです。

 

腹筋がついてお腹周りもすっきり、太ももとふくらはぎと胸周りも痩せました。

立っているときや歩くときに正しい姿勢を意識すると、自然と下っ腹やお尻に力が入り、腹筋、ヒップアップ、骨盤矯正、足長効果が得られてといいとこ尽くめなのです。

 

姿勢を正すだけでダイエットになったり、足が伸びたりしたのはとても嬉しかったです。

実際に伸びた足の長さは数ミリですが、体や足が細くなると、体のシルエットがきれいになって全体的に足も長く見えるのでおすすめです!

 

O脚の改善

わたしは見た目に際立ってO脚なわけではなかったのですが、内股ぎみに立っていることが多かったので、結果、骨盤の歪みやO脚を引き起こしていました。

これを治すのに試みたのが、簡単なO脚改善エクササイズです。

 

体操座りをします。

そのときに膝と膝の間をげんこつ1個分あけます。

そして、右手で右膝の外側を、左手で左膝の外側をそれぞれ押しながら、げんこつ1個分の空間をキープしましょう。

 

次に、手をクロスして右手で左膝の内側を、左手で右膝の内側をそれぞれ外側に向かって押しながら、空間をキープさせます。

各5秒ずつ、10セット行います。

これに加えて姿勢を正す、骨盤を正しい位置にするというのも効果的だったのだと思います。

太もも脚やせ 自分に合った太もも痩せプランが絶対見つかる

 

実際にやってみた結果は?

内股のくせはなくなり、脚が前をまっすぐに向いてスラリと見えるようになりました。

脚が綺麗に前を向いて揃っていると、細く長く見えるのがわかります。

夜寝る前に行える簡単な運動で、きちんと効果もありますのでおすすめです。

 

脚が長く見えるファッション

ファッションのチョイス次第で、脚を長くみせることは可能です。

一瞬で脚長効果を得られる面では、脚長ファッションを取り入れるのはかなりおすすめです。

Sponsored Link

膝下が長くみえるファッション

ポイントは「丈と色」です。

 

色はやっぱり「黒」もしくは濃いめの「寒色」がおすすめです。

脚を長くみせる効果、脚を引き締めてみせる効果共に、ボトムスは黒か濃いめの寒色を選ぶのが◎です。

 

そして、スカート丈は「ミニorもも丈」がおすすめ!

 

ミニはちょっと…という方には是非もも丈をおすすめします。

ポイントは膝の高い位置が見えるものです。

 

パンツは足首みせがポイント。

 

クロップドパンツや、裾ロールアップでくるぶしをみせるコーデに挑戦してみてください。

脚の中で一番細い足首の部分を見せると、細さが強調できます。

 

脚を長くみせるファッション

ハイウエスト、ウエストを高くみせるファッションがおすすめ。

ワンピースの切り替え部分が高いものを選ぶ。

ローカットのパンツなどは、切れ目が隠れる長さのボディーラインがでる細めのトップスをチョイスして、ウエストのくびれを強調。

これでウエスト部分が高く、脚を長く見せることができます。

 

膝下が長くみえる足元コーデ

膝下を長くみせる足元コーデといったら、絶対にはずせないのが「ヒールの高さ」もしくは「靴底の高さ」です。

 

ヒールは高いほど足長効果アップ!

 

つま先のデザインは丸いものよりも、尖ったもの。甲の面積が広ければ広いほど脚が長く見えます。

 

そして、ブーツならブーティー!

ヒールのあるブーティーは膝下が長くみえる足元コーデで一押しの靴です。

 

歩く時間が長い日は、高いヒールは疲れるので厚底で脚全体を長くみせるのがコツです。

靴やサンダルの色は、ボトムスに選んだパンツの色と合わせると、脚がつま先まで繋がって長くみえます。

 

この効果を得る場合は、足首見せではなく、足首まで隠れる眺めのパンツを選ぶのがコツです。

Sponsored Link

コメントを残す



脚やせ方法.JP